So-net無料ブログ作成

USBasp使ってみた。 [Arduino]

USBaspという書込装置があります。
USBコネクタ直結タイプのものは10ピンタイプのものがほとんどですが、6ピンタイプのものを見つけたのでゲットしました。
usbasp_6p.jpg
Aliexpress内のお店で $4.40 (送料込み)、2週間ほどで届きました。

あと問題となるのはドライバ。
64bit版でwindows8 ということでドライバのインストールが非常に厳しくなっています。
そこで次のソフトを使うと、いとも簡単にインストールできました。

Zadig - USB driver installation made easy
http://zadig.akeo.ie/

ここから、ソフトをダウンロードして実行するだけ。
あらかじめ別にドライバをダウンロードしておく必要もありませんでした。

実行すると、、
zadig_1.png

このブツをUSBコネクタにさしこみ、ドライバを指定。
zadig_2.png

AVRISP mkII と違って電源がきているので ATtiny45 をこんな感じでつないで、、
usbasp_pc.jpg

マイコンボードをATtiny45、書込装置をUSBaspに指定。
LチカのスケッチのLEDのピン(13番ピン)だけ書き換えて書き込みます。

avrdude: warning: cannot set sck period. please check for usbasp firmware update.
avrdude: warning: cannot set sck period. please check for usbasp firmware update.

こんな注意を受けますが、ちゃんと書き込めていました。

タグ:USBasp
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。