So-net無料ブログ作成

秋月の「SDカードスロットDIP化モジュール」とArduinoをつなぐ [Arduino]

SDカードスロットとレギュレーターがセットになって2.54mmピッチのピンがついたものです。

k05818.jpg
SDカードスロットDIP化モジュール: 組み立てキット 秋月電子通商 電子部品 ネット通販
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05818/

DIP化モジュールとありますが、DIPとはDual Inline Package のことなので、本来はSIP (Single Inline Package) が正しいのではないかと思います。

特徴としては、、
(1) SPI接続するためのピンだけでている
(2) 表面にピンが出ている
(3) 入出力ともに3.3Vでプルアップされる

(1) については、SDモードを使うにはライセンスなど必要らしいのでSPIモードで十分。
(2) については、裏返しにしないと、ブレッドボードに刺さりません。シルク印刷は表面にあるので、ブレッドボードに挿してしまうとピンアサインがわからなくなってしまいます。事前にメモしておくか、ブレッドボードの端っこに挿してシルク印刷が見えるようにするかしないといけません。裏返す利点としては、ヘッダピンの根本の黒いプラスチック部品の高さと、カードスロットの厚みとが近いのでやや安定はします。
(3) については、ちょっと悩みました。いろいろ調べたところ、SDカードからの信号(SDOのみ)はArduino
のHレベル(5V)よりは電圧が低いですがそのままArduinoにつないでOK。逆の信号(SDI, CLK, CS)はそのままだと、5VがSDカードにかかってしまいSDカードが壊れてしまうかもしれません。そこでダイオードのカソードをArduino側にして間に挟んで接続します。Arduino側の信号がHのときは、ダイオードのおかげでSDカード方向には電流は流れないものの3.3VでプルアップされているのでSDカードの信号もHになります。Arduino側の信号がLのときは、SDカード側からダイオードを通ってArduinoの方に電流がながれていくのでSDカード側もLになります。(といっても順方向電圧降下があるので、0.6Vですが、Lと見なします。)

つないでみるとこんな感じ。
k05818_bb1.jpg

Arduino Leonardo と UNO で確認しました。
k05818_bb2.jpg

タグ:SDカード
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

まいく

秋月で購入したものの、Arduinoでの使用例が見当たらないので心配でしたが、この記事にたどりついて安心しました。 参考にさせて頂きます。
by まいく (2014-06-26 21:52) 

kidapu

こちらArduino側のソースはどんなものを使用されましたか?
よろしくお願いいたします。
by kidapu (2014-12-12 03:20) 

まいく

遅くなりましたが、もし気がつかれましたら。
最初はArduino IDEのサンプルで試用しましたが、
EifiCardに書き込みたくて、私のブログに書かせていただいた
Sdfatライブラリを使いました。
私のURL: http://mitoune.blog.so-net.ne.jp/2014-07-18

現在このURLは変更されていました。
https://code.google.com/hosting/moved?project=sdfatlib
リンク先を詳しく見ていないのですが(概ね英語なので追いきれていません)よろしければ参考にお願いいたします。

by まいく (2015-07-27 22:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。