So-net無料ブログ作成

Arduino 1.6時代のATtiny開発 - その2 [Arduino]

さて、ATtinyへの書き込みはどうしたものでしょうか?

その1 で紹介したものからボードを選択するところには、
(optiboot)
なんてものがありました。
シリアル通信で書き込みができるようですが、そもそもそのブートローダーが書き込めない。

現実的な選択肢としては、Arduino as ISP か、USBasp か、AVRISP mkII かのいずれか。

Arduino as ISP は簡易的ですが、ついついATtiny用の自作スケッチを ATtiny ではなく Arduino本体に書き込むという間違いをしがちで、あまり好きではありません。

AVRISP mkIIは、電源が来ていないのであんまり使わなかったら、どこかに行ってしまったし。

ということで、USBaspを使用することにしました。
ところがうまく行きません。
解決方法が以下にありました。

[SOLVED]Problems using USBasp with Arduino IDE 1.6.10/Arduino AVR Boards 1.6.12:
https://forum.arduino.cc/index.php?topic=415210.0
1. Plug in USBasp
2. Download Zadig from http://zadig.akeo.ie
3. Start zadig
4. Options > List all devices
5. Select USBasp from the drop down menu
6. Select libusbK(v3.0.7.0) driver
7. Click Install

Zadigは以前にも紹介しましたが、「libusbK」を選択するのが肝のようです。

6ピンのUSBaspはなかなか見かけませんが、AliExpressで「AVR Programmer 6PIN Wire」と検索すると出てきます。
usbasp6pin.jpg
(ちゃんと6ピンのものが届くかどうか保証するものではありません。)

私がもっているUSBaspはこんな感じで、
avrdude: warning: cannot set sck period. please check for usbasp firmware update.
avrdude: warning: cannot set sck period. please check for usbasp firmware update.

firmware updateをするようにwarningが出ますが、書き込めています。
タグ:ISP USBasp
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。