So-net無料ブログ作成

Arduino 1.6時代のATtiny開発 - その4 [Arduino]

今回はoptibootについて、、
自分では試していません。とりあえず情報だけ。
そもそもですが、ISPで書き込めるのに、あえてシリアル通信で書き込む必要があるかどうか。

<メリット>
・既存のUSBシリアル変換器が使える
・もともとシリアル通信をするハードをつくる予定なら共用できて便利
・ISPよりI/Oピン数を減らせる(VCC, GND, Resetを除くと 3→2本ですむ)

<デメリット>
・リセットのパーツが必要
・プログラムの書き込み容量が減る
・optibootはあるか?ボードマネージャで簡単インストールできるか?

前回のボードマネージャでの追加で、ATtiny 841, 1634, 828, 167, 87 にはoptibootがありましたが、ATtiny85は、、、
optibootありました。

GitHub - TCWORLD/ATTinyCore: ATTiny Core for Arduino 1.0+:
https://github.com/TCWORLD/ATTinyCore

さらに探すとボードマネージャもありました。

Bootload Your ATtiny85 - Hackster.io:
https://www.hackster.io/porrey/bootload-your-attiny85-625387

どうやら、Snapduino というプロジェクトのようです。

Snapduino - Hackster.io:
https://www.hackster.io/porrey/snapduino-e5f0a5

Snapduino_bb.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。