So-net無料ブログ作成
検索選択

Arduino1.0 で ATtiny2313 を動かす [Arduino]

次のページで Arduino1.0 で ATitiny 44/45/84/85 のプログラムをしています。

High-Low Tech - Programming an ATtiny w/ Arduino 1.0
http://hlt.media.mit.edu/?p=1695

これを参考に見よう見まねで ATtiny2313 用の「board.txt」と「pins_arduino.h」を作ってみました。
とりあえず動いただけです。
あまり詳しいことは分からずやっています。
参考程度で、、。
間違っていたらごめんなさいです。

「board.txt」 に次の設定を追加
############################################

attiny2313-8.name=ATtiny2313 (internal 8 MHz clock)
attiny2313-8.bootloader.low_fuses=0xE4
attiny2313-8.bootloader.high_fuses=0xDF
attiny2313-8.bootloader.extended_fuses=0xff
attiny2313-8.upload.maximum_size=2048
attiny2313-8.build.mcu=attiny2313
attiny2313-8.build.f_cpu=8000000L
attiny2313-8.build.core=arduino:arduino
attiny2313-8.build.variant=tn2313

############################################

続いて、
「variants」フォルダの中に「tn2313」フォルダを作り、その中に、「pins_arduino.h」というファイルを作ります。
下記のとおりです。
(フォルダ名を tiny8, tiny14 のように足の数にしなかったのは、同じ20本の足でも ATtiny861のように配列が全然ちがうタイプがあったためです。)

「pins_arduino.h」
/*
  pins_arduino.h - Pin definition functions for Arduino
  Part of Arduino - http://www.arduino.cc/

  Copyright (c) 2007 David A. Mellis

  This library is free software; you can redistribute it and/or
  modify it under the terms of the GNU Lesser General Public
  License as published by the Free Software Foundation; either
  version 2.1 of the License, or (at your option) any later version.

  This library is distributed in the hope that it will be useful,
  but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
  MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU
  Lesser General Public License for more details.

  You should have received a copy of the GNU Lesser General
  Public License along with this library; if not, write to the
  Free Software Foundation, Inc., 59 Temple Place, Suite 330,
  Boston, MA  02111-1307  USA

  $Id: wiring.h 249 2007-02-03 16:52:51Z mellis $
  
  Modified 22-02-2012 for attiny2313
*/

#ifndef Pins_Arduino_h
#define Pins_Arduino_h

#include <avr/pgmspace.h>

// On the Arduino board, digital pins are also used
// for the analog output (software PWM).  Analog input
// pins are a separate set.

// ATMEL ATTINY2313
//
//                  +-\/-+
//            PA2  1|    |29  VCC
// RX   (D 0) PD0  2|    |19  PB7 (D 16)
// TX   (D 1) PD1  3|    |18  PB6 (D 15)
//      (D 2) PA1  4|    |17  PB5 (D 14)
//      (D 3) PA0  5|    |16  PB4 (D 13)*
// INT0 (D 4) PD2  6|    |15  PB3 (D 12)*
// INT1 (D 5) PD3  7|    |14  PB2 (D 11)*
//      (D 6) PD4  8|    |13  PB1 (D 10)
//     *(D 7) PD5  9|    |12  PB0 (D 9)
//            GND 10|    |11  PD6 (D 8)
//                  +----+
//
// * indicates PWM port

#define NUM_DIGITAL_PINS            17
#define NUM_ANALOG_INPUTS           0
#define analogInputToDigitalPin(p)  (-1)
#define digitalPinHasPWM(p)         ((p) == 7 || (p) == 11 || (p) == 12 || (p) == 13 )

const static uint8_t MOSI = 14;
const static uint8_t MISO = 15;
const static uint8_t SCK  = 16;

const static uint8_t SDA = 14;
const static uint8_t SCL = 16;

#define digitalPinToPCICR(p)    ( ((p) >= 9 && (p) <= 16) ? (&GIMSK)  : ((uint8_t *)0) )
#define digitalPinToPCICRbit(p) ( ((p) >= 9 && (p) <= 16) ? (PCIE)    : ((uint8_t *)0) )
#define digitalPinToPCMSK(p)    ( ((p) >= 9 && (p) <= 16) ? (&PCMSK)  : ((uint8_t *)0) )
#define digitalPinToPCMSKbit(p) ( ((p) >= 9 && (p) <= 16) ? ((p) - 9) : ((uint8_t *)0) )

#ifdef ARDUINO_MAIN

const uint16_t PROGMEM port_to_mode_PGM[] = {
	NOT_A_PORT,
	(uint16_t)&DDRA,
	(uint16_t)&DDRB,
	NOT_A_PORT,
	(uint16_t)&DDRD,
};

const uint16_t PROGMEM port_to_output_PGM[] = {
	NOT_A_PORT,
	(uint16_t)&PORTA,
	(uint16_t)&PORTB,
	NOT_A_PORT,
	(uint16_t)&PORTD,
};

const uint16_t PROGMEM port_to_input_PGM[] = {
	NOT_A_PORT,
	(uint16_t)&PINA,
	(uint16_t)&PINB,
	NOT_A_PORT,
	(uint16_t)&PIND,
};

const uint8_t PROGMEM digital_pin_to_port_PGM[] = {
	PD, /* 0 */
	PD,
	PA,
	PA,
	PD,
	PD,
	PD,
	PD,
	PD, /* 8 */
	PB,
	PB,
	PB,
	PB,
	PB,
	PB, /* 14 */
	PB,
	PB,
};

const uint8_t PROGMEM digital_pin_to_bit_mask_PGM[] = {
	_BV(0), /* 0 */
	_BV(1),
	_BV(1),
	_BV(0),
	_BV(2),
	_BV(3),
	_BV(4),
	_BV(5),
	_BV(6), /* 8 */
	_BV(0),
	_BV(1),
	_BV(2),
	_BV(3),
	_BV(4),
	_BV(5), /* 14 */
	_BV(6),
	_BV(7),
};

const uint8_t PROGMEM digital_pin_to_timer_PGM[] = {
	NOT_ON_TIMER, 
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
	TIMER0B,
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
	TIMER0A,
	TIMER1A,
	TIMER1B,
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
	NOT_ON_TIMER,
};

#endif

#endif

これだけです。
「Tools」 → 「Burn Bootloader」 で Fuse の設定もできました。
ATtiny45 などで苦労した ArduinoISP の問題も発生していません。(Uno(R1), 1.0, Windows で確認)

analogWrite の確認のためのスケッチ
// Full Color LED で 虹色イルミネーション
#define GET_RAINBOW(TONE) (((TONE)<256) ? (TONE):((TONE)<768) ? 255:(((TONE)<1024) ? (1023-(TONE)):0))

void setup() {
  pinMode( 11, OUTPUT );
  pinMode( 12, OUTPUT );
  pinMode( 13, OUTPUT );
}

void loop() {
  for(unsigned int t = 0; t < 1536; t++ ) {
    analogWrite( 11, GET_RAINBOW(   t                 ) );
    analogWrite( 12, GET_RAINBOW( ( t +  512 ) % 1536 ) );
    analogWrite( 13, GET_RAINBOW( ( t + 1024 ) % 1536 ) );
    delay( 5 );
  }
}

rainbow2313.jpg
虹色です。
タグ:ATtiny2313

Arduino1.0 で ATtiny45 を動かす 【追試】 [Arduino]

次のページで Arduino1.0 で Atitiny 44/45/84/85 のプログラムをしています。

High-Low Tech - Programming an ATtiny w/ Arduino 1.0
http://hlt.media.mit.edu/?p=1695

これを追試してみました。


● ArduinoISP の問題

ArduinoISP で書き込むには、、
Arduino 002x の環境で Arduino 002x に付属のArduinoISP スケッチ を使うとなんとかなるみたいです。
(次回、ATtiny2313 を動かしてみますが、ATtiny2313 は どんな ArduinoISP でもいいみたい。)


● Arduino1.0 の ATtiny の設定

・もともと書いてある方法

High-Low Tech - Programming an ATtiny w/ Arduino 1.0
http://hlt.media.mit.edu/?p=1695

に書いてあるように
ATtiny zip (from this GitHub repository) をダウンロード
https://github.com/damellis/attiny/zipball/Arduino1

Arduino のスケッチが保存されるフォルダ(Preferences の sketchbook location)に「hardware」フォルダを作成
[hardware]
 +--[attiny]
   +--boards.txt    // 各種ボードの設定
   +--[variants]
     +--[tiny8]    //  8ピンのAVR (ATtiny45/85)
       +---pins_arduino.h
     +--[tiny14]   // 14ピンのAVR (ATtiny44/84)
       +---pins_arduino.h

こんな感じの構成。
つまり「board.txt」と「pins_arduino.h」さえあればいいみたいです。

メニューから 「Tools」 → 「Board」 と見ていくと ATtiny の設定が増えています。

・もうひとつの方法 (Arduinoの開発環境をいじる)
[Arduino-1.0]  // Arduinoのプログラムのルート
 +--[hardware]
   +--[tools]
   +--[arduino]
     +--[bootloaders]
     +--[cores]
     +--[firmwares]
     +--[variants]   // ← ここに同様にフォルダ・ファイルを追加
     +--Boards.txt   // ← ここに設定を追加記載
     +--programmers.txt

これでもいけました。


● ヒューズビットの設定

メニューの
「Tools」 → 「Board」 でターゲットとなるAVRマイコンを指定
さらに
「Tools」 → 「Burn Bootloader」 を選択するだけ、簡単。


さて、次回は、ATtiny2313 で使えるようにしてみたいと思います。
tn_namelabel.jpg
視力低下で13A, 45Vの区別がつかなくなったのでネームランドでラベルを作りました。)

Arduino1.0 で ATtiny13 をとりあえず動かす [Arduino]

ATtinyでの開発もArduino1.0に移行してきたいと思っています。

基本的には、次のページをベースにしようと思いました。

High-Low Tech - Programming an ATtiny w/ Arduino 1.0
http://hlt.media.mit.edu/?p=1695

非常にスマートな方法です。
「board.txt」と「pins_arduino.h」という2つのファイルを準備すればいいみたい。
しかし、ATtiny13 はいろいろ試してみたのですが私にはこの方法では動かすことができなかったので、少し泥臭い方法で動かしてみました。


● オートリセットの問題

いままで Duemilanove と Arduino 0021 でとくに問題なかったのですが、、
(Arduino 0022以降で?)オートリセットの問題というのがあるようです。
ATtinyにスケッチを書き込む際に、Arduino にリセットがかかってしまい、ArduinoISPが実行できないということらしいです。

⇒ これを回避する方法 (RESET端子の電圧が下がらないようにすればいいみたい)

・その1:RESET端子を110~124Ωで+5Vにプルアップ
Arduino playground - DisablingAutoResetOnSerialConnection:
http://www.arduino.cc/playground/Main/DisablingAutoResetOnSerialConnection

・その2:RESET端子-GND端子間に10uFのコンデンサを挿入
High-Low Tech - Arduino board as ATtiny programmer:
http://hlt.media.mit.edu/?p=1706

ispwr120.jpg
(120Ωの抵抗を挟んでみた)


● ArduinoISP の問題

これがとっても悩みました。
Duemilanove に Arduino1.0 で ArduinoISP を書き込むとこんな感じのエラーが出て何ともなりませんでした。
上の2つはいつものエラーで、問題ないのですが、下の2つが問題。
avrdude: please define PAGEL and BS2 signals in the configuration file for part ATtiny45
avrdude: please define PAGEL and BS2 signals in the configuration file for part ATtiny45

avrdude: stk500_paged_write(): (a) protocol error, expect=0x14, resp=0x64
avrdude: stk500_cmd(): programmer is out of sync


・Duemilanove か Uno か?
・ブートローダーが問題なのか? (標準のもの? optiboot?)
・開発環境(002x か 1.0 か)なのか?
・ArduinoISPのバージョン(002x に付属のスケッチか、1.0 のものか)?

ard_uno_r1.jpg
(以前購入しておいたUno(R1) を出してきて試したりしました)

結論としては、(Windows版での確認ですが)

★ Arduino 002x の環境で Arduino 002x に付属のArduinoISP スケッチ を使う!

この方法で、とりあえず動作確認できました。
Arduino 1.0 を使っていても、ArduinoISPは以前のものを使った方がよさそうです。
(あるいは、ArduinoISP以外のライターを使うとか?)

● さて、動かす。

これは、またまた以前の

ATtiny13 で Arduino
http://hello-world.blog.so-net.ne.jp/2011-11-17

からの発展です。
Arduino1.0 からでも以前の設定が出てきます。
しかし、そのまま選択しても動きません。

hardware / avr / cores / attiny13 にある 「WProgram.h」 というファイルをそのまま同じフォルダに「Arduino.h」というファイル名でコピーして保存します。
(「WProgram.h」 はそのままです。)

それだけです。

カーボン抵抗と金属皮膜抵抗 [パーツ]

110~124Ωの抵抗器が必要になり、共立エレショップで、カーボン抵抗(1/4W 5%) と、金属皮膜抵抗(1/4W 1%) で、どちらも120Ωの抵抗を買いました。
カーボン抵抗の5%の誤差だと、114~126Ωとなり、上限の124Ωを超えてしまうので、誤差が1%の金属被膜抵抗も買ってみたのです。
reg120.jpg
さて、これらをマルチメーターで実測してみました。
meter120.jpg
温度などで抵抗値は変化するようですが、この寒い時期に測定したのが次のとおりです。

regcomp.png

その後、カーボン抵抗をガスファンヒーターの前で暖めてみましたが、ほとんど抵抗値は変わりませんでした。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。