So-net無料ブログ作成

Arduino ISP を3.3Vでも使えるように [Arduino]

例えばBluetoothのモジュールをAVRマイコンに接続してしまった場合など、すでに3.3Vで周辺回路を作ってしまったときに、AVRマイコン書き換え時のISPの信号レベルが5Vだと心配です。
ISPのレベルを3.3Vにシフトすることを考えました。
調べてみると、、

RadioAgeCom:Arduino ISPによるArduinoのAVRライター化(3V対応)
http://radio-age.com/make/Arduino-ISP/index.html

こちらにまるまるそのままありました。
BSS138というFETを4個使うそうです。

bss138.png

Logic Level Converter Bi-Directional - BOB-12009 - SparkFun Electronics
https://www.sparkfun.com/products/12009

levelshift_fet.png

さて、つくろうかどうしようかと思ったところで、うちにはSeeeduinoが眠っていたことを思い出しました。
FTDIのUSBシリアル変換チップが載っていて、電源切り替えスライドスイッチ(USB/外部)やオートリセットの切り替えスライドスイッチのほかに電圧選択スライドスイッチ(5V/3.3V)がついています。

seeeduino2120.jpg

16MHzで3.3Vは保障外ですがこれでいけそうです。(まだ確認していません。)


Seeeduino V3.0 (Atmega 328P)〈 Arduino 〉

Seeeduino V3.0 (Atmega 328P)〈 Arduino 〉

  • 出版社/メーカー: Seeedstudio
  • メディア:


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。