So-net無料ブログ作成
周辺機器 ブログトップ

開発環境というかパソコンを購入 [周辺機器]

職場の同僚が MacBook Pro を購入しました。
新しいパソコンいいなぁと思い、自分もほしくなってしましました。
家では移動棚に小さなディスクトップを載せて使っていたのですが、こどもに破壊されそうになったため撤去しました。
ノートパソコンならすぐに出したりしまったりできるということもあり購入を決意しました。

購入のポイント
・(日本製はむつかしくても)一応国内メーカー品
・数年は使いたいので高性能なもの
・でも高すぎないもの
・デザインもそこそこいいもの
・なにかワクワクがほしい

で、いろいろ迷ったのですが、SONYのvaio pro 13 の 2013夏秋モデルをソニーストアで購入しました。
vaioへの餞別でもあります。
1つ前のモデルのため少し安く、カスタマイズができるのでCPU、メモリをいいやつにしました。
ワクワクデバイスとしてはNFCがあります。Bluetoothとの接続が驚くほど楽でした。

しかし問題は Windows 8 です。
この上なく使いづらいです。
タッチパネルありと、タッチパネルなしが選択できたのですが、なんとなくタッチパネルありにしました。
慣れてしまえはタッチパネルなしでもいいかもしれませんが、タッチパネルがなかったら今以上にイライラがつのっていたことかと思います。

設定の変更点
・Start menu 8 や classic shell を入れて従来のメニュー、デスクトップを取り戻す
・テキストやメニューなどの大きさが大きくなるような設定になっているので適正なサイズにする

これでなんとか元の世界にもどってこられました。
win81vaio.png

本体カラーはストア限定のシルバーを選択しましたがすでに天面に何カ所か傷がついてしまいました。
ブラックのほうが目立たなかったかも。

デジカメ購入 サイバーショット DSC-TX30 [周辺機器]

とても久しぶりで、あまり電子工作と関係ないのですが、、。

こどもにデジカメを乱暴に扱われ画像に変な影がはいるようになってしまったので新しいものを購入することにしました。
ポイントは、コンパクトで、生活防水以上、衝撃につよく壊れにくいモノとしました。
いままでの購入歴を調べたら、意外とたくさん買っていて反省。

<いままでのデジカメ購入歴>
CAMEDIA C-3030ZOOM (OLYMPUS)
  発売日:2000年 3月18日  334万画素CCD 3倍ズーム
  画像はきれいだが、起動が遅く電池の消耗がはやい
  Smart Media、データが消えたことがあった
サイバーショット DSC-U20 (SONY)
  発売日:2002年12月 7日  211万画素CCD ズームなし
  とてもコンパクトで携帯性抜群
サイバーショット DSC-U60 (SONY)
  発売日:2003年 6月27日  211万画素 ズームなし
  1.5m防水のためシュノーケリングに活躍した
サイバーショット DSC-P100 (SONY)
  発売日:2004年 4月29日  510万画素 3倍ズーム
  きれいだが、よくぶれた
LUMIX DMC-FX01 (Panasonic)
  発売日:2006年 3月10日  600万画素 3.6倍ズーム
  広角28mmが決め手 画像はそこそこ
E-510 (OLYMPUS)
  発売日:2007年 6月29日  1000万画素
  軽いといってもやっぱり一眼は重い
FinePix F200EXR (富士フイルム)
  発売日:2009年 2月21日  1200万画素 5倍ズーム
  暗い場所でもとれることを期待したがそれほどでもなかった
サイバーショット DSC-WX5 (SONY)
  発売日:2010年 8月 7日  1220万画素 Exmor R CMOSセンサー 5倍ズーム
  広角24mmでまあ満足の1台
FinePix REAL 3D W3 (富士フイルム)
  発売日:2010年 9月 4日  1000万画素 3倍ズーム
  3Dはおもしろかったが、そもそもの画像が荒い
α NEX-5ND (SONY)
  発売日:2011年 9月 9日  1610万画素 APS-C
  ミラーレスで何とか持ち運べる
  ちょっといいところへお出かけする時用
サイバーショット DSC-TX30 (SONY)
  発売日:2013年 4月 5日  1820万画素 5倍ズーム
  拡大鏡プラスがすごすぎる
  防水、耐衝撃
dsc-tx30.jpg
さて、このDSC-TX30、そろそろ発売から1年経過し、後継機がでてもおかしくないのですが、何となくよさそうだったので購入しました。(新機種が出たとしても出初めは高いだろうし、、)
とにかく「拡大鏡プラス」という機能がすごいのです。
小さいチップを撮影しようとすると、近すぎて焦点があわなかったり、カメラ自身が影になって写り込んだり。
ズームで遠くから撮ろうとするとぶれたりしてなかなかうまく撮れなかったのですが、「拡大鏡プラス」でライトもつけると余裕で撮れます。レンズにくっつくくらいの位置から撮影できます。

ATtiny13A-PU
tx30-13a-pu.jpg
ATtiny13A-SU
tx30-13a-su.jpg
こんな感じです。
いい点は他に、micro USB充電できるなど。
欲を言えば、防水であるがために、コネクタ類のカーバーがしっかりしていて開け閉じに気を遣う。
Wifi接続や、置くだけ充電などがあるとよりいいのですが。

以前に「フォトラ」という撮影セットを買ったのですが、ついつい大きいのでまだ箱に入ったまま(笑)です。




タグ:デジカメ

Apple Remote を調べる [周辺機器]

リモコン好きの私ですが、かっこいいリモコンがあったので紹介します。
Apple Remote という製品です。
appleremote.jpg
Apple社の製品の購入はこれが初めてです。Mac も iPod も iPhone も持っていません。

どうやら最近のMac (Lion) は、この Apple Remote には対応しないようなので、消滅していく製品かもしれません。
以前に作成したリモコンコード解析スケッチ「IR解析の友」で解析してみました。
http://hello-world.blog.so-net.ne.jp/2011-05-19
(Arduino 1.0.1でもそのままうごきました。)

・基本的には、NECフォーマット
・カスタムコードは (0xEE, 0x87 で2バイト目が1バイト目の反転ではないが、これはOK)
・3バイト目がデータになるが、4バイト目がその反転ではなく、IDとなっている
・リピートコードあり

でした。

appleremote_code.jpg

と、ここまで調べてみましたが、なんと Wikipedia にさらに詳しい解析結果が書いてありました。

Apple Remote - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Apple_Remote

さすが Wikipedia です。

Apple Remote [MA128G/A]

Apple Remote [MA128G/A]

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス

アップル(Apple) Apple Remote [MC377J/A]

アップル(Apple) Apple Remote [MC377J/A]

  • 出版社/メーカー: Apple
  • メディア: エレクトロニクス

マウスチャタリングの修理 (Logicool V200) [周辺機器]

またマウスの修理です。
以前につかっていたマウス Logicool V-200BK です。
v200_01.jpg
このマウスも何かの拍子に、左クリックがチャタリングするようになっていました。

v200_02.jpg
滑るところ(ソールというらしい)を半分めくり、ネジをはずします。

v200_03a.jpgv200_03b.jpg
あけると OMRON D2FC-F-7N (中国製) というマイクロスイッチが入っていました。

v200_04.jpg
基板を外そうとすると、引っかかります。

v200_05.jpg
このように外すには、、

v200_06.jpg
このフックを外します。

hakko808.jpg
いつもの HAKKO 808 を使います。
もともとのハンダが少なく、うまく吸引できなかったので一旦ハンダを追加してあらためて吸引したところ何とか吸い取れました。

v200_07.jpg
上が外したスイッチで、下が新しいスイッチです。
左右を入れ替えようかと思いましたが、疲れていたので新しいのを付け替えることにしました。
若干、D2F-01Fの方が肉厚です。

v200_08.jpg
基板を元に戻して、

v200_09.jpg
閉じました。
一部、剥がし損ねたところは、ツルツル面のみ残して厚めの両面テープでくっつけなおしました。




マウスチャタリングの修理 (Logicool M555b) [周辺機器]

うちのマウスは、Logicool M555bというBluetoothマウスです。
m555b_01.jpg
こどもに投げられ、いじられ、電池ボックスのフックも折れてしまいました。。。
m555b_02.jpg
それでもなんとか使用できたのですが、左クリックがチャタリングを起こすようになり、ドラッグアンドドロップや、範囲選択ができなくなってしまいました。
そこでいろいろ調べてみると、マイクロスイッチを取り替えるといいみたい。

まったく同じというわけではないですが、OMRON の D2F-01F (日本製) で代用できるようです。
ということで、買いました。
d2f-01f.jpg

ただ、よくよく考えてみると、買う必要はなかった、と。

・壊れているのは、左のボタン。だけど、シングルクリックはOK。
・右クリックで、シングルクリック以外の操作をすることはまずない。

→ ということで、左右のボタンを交換することにしました。

m555b_03.jpg
電池ケースの内側と、ツルツルの部分を剥がすと、ネジがでてきます。
トルクス(ヘクスローブ)ネジですが、細いマイナスドライバを強く押し当てながら回したらなんとか外せました。

m555b_05.jpg

m555b_06.jpg
全部分解したところ。

m555b_07.jpg
基板をとりはずす。

hakko808.jpg
HAKKO 808 でハンダをバキューム。

m555b_08.jpg
マイクロスイッチをはずす。

m555b_09.jpg
左右のボタンを入れ替えハンダ付け。そして、もとに戻す。

左ボタンのチャタリングはなくなり快適。

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Bluetooth搭載 M555b

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Bluetooth搭載 M555b

  • 出版社/メーカー: ロジクール
  • メディア: エレクトロニクス



周辺機器 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。