So-net無料ブログ作成

赤外線リモコン (解析) [Arduino]

Panasonic の照明用リモコン HK9327K のデータを解析してみました。

明るさフリーリモコン HK9327K 商品概要 照明その他 Panasonic
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=HK9327K

たとえば、チャンネル1で、全灯の場合は、
||||||||____|_|_|___|___|_|___|_|_|_|___|_|_|___|_|___|_|___|_|_|___|_|_|_|_|_|_|___|___|_|___|_|_|___|_|___|_|_|___|_|_|.
Time Unit (usec) : 435
Format           : AEHA
Leader  (On/Off) : 8 / 4
 (LSB) 0011 0100 0100 1010 1001 0000 0011 0100 1010 0100 (MSB)
 (LSB) C    2    2    5    9    0    C    2    5    2    (MSB)

こんな感じです。これを6個のボタンを3チャンネル分調べてみました。
リーダ部とトレーラ部を除いたデータは以下のとおりでした。

hk9327kdata.png

さらに、データの内容を推測してみました。
hk9327kformat.png

最初の16+4ビットは、家電協共通のフォーマットと思われます。次の4ビットの意味合いが不明です (未使用?)。そして次の3ビットでボタンの種類、次の2ビットでチャンネル、次の3ビット(001B)は不明。次の8ビット(5バイト目)はエラーチェック用で、はじめから数えて3バイト目と4バイト目のXORと思われました。

しかし、家電協フォーマットは最初の20ビットのみ形式が指定されていて、21ビット目以降はデータ内容の他、エラーチェックについても各社まかせのようです。シャープのAQUOSも家電協フォーマットのようですが、データの形式からエラーチェックの方法まで全く違うようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。